女子アナ内定学園 〜「女子アナに内定する技術」を学ぶためのアナウンススクール

アナ受験Q&A

  • HOME »
  • アナ受験Q&A

アナウンサーになるには?Q&A

Q1. 局アナになるためにはどうしたらいいの?

特にこれといった資格はいりません。
「4年制大学卒業見込み」これだけです。
短大の方は、受験できる放送局が格段に少なくなります。
もし、あなたが高校生でアナウンサーになりたいと思っているのならば、短大だけはおすすめしません。
受験資格がなくなってしまうのは、もったいないです。

あとは、効率の良い努力を重ねれば、アナウンサーになれます。
石井自身、ほとんど人と話したことが無いにもかかわらず、アナウンサーに内定しています。

Q2. アナウンサー試験の流れ

まずは、キー局(日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日)の試験から始まりますが、その前に、キー局主催のアナウンス講習会が開かれます。
相場は9万円前後です。
これは、アナウンサーという夢を持っている方々からお金をとって、さらに採用の経費まで減らせるという、テレビ局側からすれば一石二鳥のシステムです。
ここで局側からいい評価を受けられなかったからと言って、落ち込むことはありません。
普通にお金を払わずにアナウンサー試験を受ければいいのです。
もしこの時期に実力不足だと思ったら、お金を払って悪い印象だけが残る可能性もあるので注意が必要です。

その後、準キー局の試験(読売テレビ、MBS、関西テレビ、ABC朝日放送)があります。
準キー局は、特に男子の場合、スポーツ志望のアナウンサーが採用されやすい傾向にあります。
(高校野球、プロ野球、ラグビーなどの仕事が多いため)

次に名古屋、福岡と大都市が来て、ローカル局の試験が始まります。
9月以降にアナウンサー試験を行う局もありますので、諦めないでください。

Q3. アナウンサー試験の流れ&試験内容は?

まずは、エントリーシートで絞り込みます。
その後、一次試験、2次試験・・・4次試験、最終試験と5回試験があるのが通常です。
規模が小さいローカル局は、2回で内定が決まる会社もあります。

途中で、原稿読み、カメラテストは行われる可能性が高いです。
エントリーシートで一気に絞り込む会社が地方局には多いので、エントリーシート対策は万全としましょう。
もちろん、キー局のエントリーシートも厳しいですので、早めに対策をすることが必要です。

Q4. じゃあどんな対策をすれば、アナウンサーに内定できるの?

それは一人一人違います。
読みが下手な人は原稿読みの訓練が必要ですし、性格が悪いと思われがちな方は、性格の矯正が必要です。
実際に、「私は性格がいいから。」と言っている方に限って、礼儀がなっていない場合が多いのです。
詳しくは、無料メールセミナー「ついにわかった!女子アナ内定法」にご登録いただければ、そのなかで説明しています。

アナウンサー試験についてのQ&A

Q1. どんな洋服を着ていったらいいのですか?

内定する服装など、ありません。
この質問をOGにしてしまう学生は、本当に最悪なので、決してしないでください。
外見で、内定は決まりません。
OB訪問でこんな質問は絶対にしてはいけない、というのを「普通の人がアナウンサーに内定して周囲をアッと言わせる方法」のなかで詳しく説明しています。

Q2. 有利な大学ってあるんですか?

ありません。
大学名で合否が決まることはありません。
東大でも落ちる人は落ちますし、無名大学でも受かる人は受かります。

慶応が有利ですよ、と言ってあなたが慶応に入学できるのであればそうすべきです。
短大が圧倒的に不利、ということくらいです。

Q3. 有利な資格ってあるんですか?

ありません。
私自身は「剣玉一級」でしたが、もちろん関係ありませんでした。
資格のあるなしで、アナウンサーの内定は決まりません。
気象予報士をとっても、内定できない人は大勢います。
TOEFL・TOEICなども、残念ながら無意味です。
そんな暇があったら、日本語を磨いてください。

危険物取扱士、ボイラー技師などを取得しようとする女子アナ志望者がたまにいるのですが、そんな学生こそ危険人物です。
ヒヨコ鑑定士を取ったとしても、アナウンサー試験でヒヨコのオスとメスを見分ける機会はありませんので、関係ありません。

Q4. 語学ができなければアナウンサーになれないんですか?

内定に語学は関係ありません。
TOEICなどをとっても、アナウンサーにはなれません。
アナウンサー試験では、日本語の発音能力が見られます。
女子アナになるために留学しようという学生がいますが、無意味です。
語学力はアナウンサーには必要ありませんし、海外に逃げるよりも真剣に自分と向き合わなければ、難関試験には内定できません。

Q5. 漢字が読めなくてもアナウンサーになれますか?

はい。私も読めません。(笑)
実際にアナウンサーになったあとは、原稿にはふりがながふってあるので、大丈夫です。
アナウンサーになるんだと言って、いきなり漢字の勉強を始める人がいるのですが、アナウンサーになるのに漢字のテストはほとんどありません。

Q6. 人前に出ると緊張してしまいます。大丈夫でしょうか?

はい。大丈夫です。
私も人前に出た経験は、小学生の朝礼係だけでした。
アナウンサーになってからも、やはり緊張はします。
緊張しても、伝えたいことを熱意を持って伝えればわかってくれます。

Q7. アナウンサー試験では、ルックスは重視されますか?

はい。やはり重視されると思っておいたほうがいいでしょう。
しかし、美人だから内定が出るということはありませんが、そうでなかったから落ちるというわけではありません。
不快感を視聴者に持たせないような「表情」のほうがむしろ問われます。
笑顔などの表情がよければ大丈夫です。
すぐにムッとした表情をしてしまう方は、要注意です。
笑顔を誰かにチェックしてもらいましょう。
(スーパーVIPコースでは、かなり厳しくチェックします。)

Q8. やっぱりコネなんですか?

そう思いたい方は、ずっとそう思っていてください。
コネですよ、と言われて「じゃあ私には無理だわ」と諦める方は、早いうちに諦めたほうがいいです。
コネがあったとしても跳ね返してみせる、という根性がないと、コネがあってもアナウンサーには受かりません。
実際に私の知る限りでは、女子アナに内定する人の半数以上はコネなしです。

Q9. 原稿読みの訓練は必要ですか?

はい。もちろん最低限はやっておくべきです。
しかし、それよりも、滑舌が悪くて落ちている学生がほとんどです。
うまい原稿読みよりも、基本的な発声訓練のほうをおすすめします。
サ行や鼻濁音など、最低限のアナウンスメント技術はゴールドコースDVDでも説明しています。

Q10. 大手アナウンス学校には通うべきですか?

お金の無駄なので、やめたほうがいいです。
定年退職後のアナウンサーの天下り先となっている場合が多いです。
若いアナウンサーから直接学べるようなところならば、高いお金を払うべきです。

「耐えがたきを耐え、しのびがたきをしのび」みたいな終戦前後のおじいちゃんに教わっても、今の時代は、アクセントも違いますし、アナウンサー試験の倍率も違います。

通うならば、少数精鋭の寺子屋方式のアナウンス学校でなければ、成果はでないでしょう。
特に男性アナ志望者は、私が通っていた「山本勉強会」が一番のおすすめです。
私も山本勉強会のおかげでアナウンサーに内定できましたし、師匠である山本勇先生は、アナウンサー養成指導者としては、石井など問題にならないくらい、間違いなく日本一です。
山本勉強会のクオリティーの高さは、石井が保証します。

Q11. テレビ局主催のアナウンススクールには行くべきですか?

もちろん、お金があれば行くべきです。
しかし実際のところ、99%の確率で内定はできません。
なぜなら、あなたはお客様として扱いを受けるからです。厳しいことをガンガン言われて自分が変わらないと、アナウンサーにはなれません。

キー局のアナウンサーの話を直接聞いていると、自分もアナウンサーに近づいていると思いがちですが、残念ながらそれは錯覚です。
内面と向き合い、OGにケチョンケチョンにされながらも這い上がっていくのがアナウンサーに内定する近道なのです。
「お金を払ったんだから、キー局に内定させてくれ!」と言って内定できるのなら、世の中はアナウンサーだらけになってしまいます。
スクールに行ったからといって内定できないとわかって、あえて申し込むのであれば、OKです。

事実上は、大手アナウンス学校を含め、内定できるのは50人にひとりというのが相場です。
でも、それ以上に合格者を多く見せることは可能です。

アナウンス学校のやり口というのは、カンタンです。
1日、2日の短期集中セミナーに格安料金で生徒を集め、そのなかから内定した人を追跡調査し、合格者にカウントするのです。
3ヶ月以上アナウンス学校で訓練を受けた人だけが、アナウンサー内定者としてカウントされると思っているのは、お人よしであるという以外には言葉がありません。
もちろんあなたは合格実績を信用してはいませんよね?

Q12. 今、高校生なんですけど、何をしておけばいいですか?

はい。特にアナウンサーになるための努力というのはありません。
大勢の友達と語り、スポーツに汗を流し、楽しい高校生活を送り、充実した大学生活を送る。
これが、アナウンサーになるための一番の近道です。

Q13. 結局、どうすればアナウンサーになれるのですか?

内面を磨くこと。そして、諦めないこと。
ただ、それだけです。
そのためのノウハウを、女子アナ内定学園では伝授しています。
おそらく、今までの経験上、これが最短距離だと思える方法ばかりをお伝えしています。
最短距離だからといって、甘くはありません。
並外れた努力は必要です。
あくまで女子アナ内定学園では、努力の方向性を示しているだけです。
進むのはあなた自身です。
あなたの成功を、心より願っております。