女子アナ内定学園 〜「女子アナに内定する技術」を学ぶためのアナウンススクール

ゴールドコース

  • HOME »
  • ゴールドコース

ゴールドコース

ダメだから内定できないんじゃない。ただ、やっていないだけなんだ。

なんで一次面接の段階で落ちるんだ!
エントリーシートではねられて、テレビ局まで足を運ぶことさえできない・・・

それが大学4年の自分の状況だった。
受けても受けても、時間と交通費の無駄になるだけ。
20社以上落ち続け、一次面接すら通過することはほとんどなかった。

大学4年当時の、自分のなりたい職業は、こともあろうにテレビ局のアナウンサーだった。
東京のテレビ局では、毎年2万人くらいがアナウンサー試験に臨み、内定者は2名~4名が相場。
地方局でも300~500人が受験して、1~2名が内定するのが通例である。
よりによって、なろうと思ってもなかなかなれない職業を目指した。

アナウンサーになりたいと思ったきっかけは、大学2年のクリスマスの夜、尊敬していた逸見政孝アナウンサーが亡くなったからだ。
だから、自分も大勢の人を勇気付けるために、同じ職業に就こうと思った。
ただそれだけの理由で、アナウンサーを目指した。
スポーツ実況がしたいとか、報道がやりたいとか、そういった高尚な志望動機はこれっぽっちもなかった。
安易な発想だと思われるかもしれない。
だが、本気だった。

アナウンサーになろうと決めたのはいいが、そもそもアナウンサーにはこれっぽっちも向いている人間ではなかった。
人前に出て話した経験は、小学校のときの朝礼係しかない。
引っ込み思案で、クラス委員にすら立候補したことはない、目立たない奴。
また、中学高校浪人と、受験勉強に命を懸けていたため、友達と話す時間は無駄だと割り切り、
友達はほとんど作らずに、中学一年のときから塾には週に3日以上通っていた人間。
牛乳ビンの底のようなメガネをかけ、「ガリ勉」と呼ばれていた冴えない奴。
それが自分だった。

人と話したことがない冴えない学生が、針の穴を通すような試験であるアナウンサーになろうと言うのだ。
これは例えて言うなら「偏差値30ですけど、東大を目指します!」と宣言しているようなものだ。
誰がどうみても勘違い野郎にしか思われなかった。

「どうせ無理だ!悪いことは言わないから止めておけ!お前がアナウンサーになれるとでも思っているのか?」
クラスの友人からはからかわれた。
「あなたがアナウンサー?バカも休み休み言いなさい。あなたが人と話しているところ、見たこと無いわよ!」
そう母親からも言われていた。

だが、私は周囲の期待を裏切って、アナウンサーに内定した。

お前がアナウンサーだなんて、何かの間違いじゃないのか?信じられない。そう周りからは言われた。
アナウンサーになれたのは本当だ。

自分は正しい方向性でメチャメチャ努力をした。そして結果を出した。
他の学生は的外れな努力ばかりをしていた。だから、結果が出なかった。
ただそれだけだ。

「人と話したことがなかったのにアナウンサーに内定した先輩がいるらしい。」とアナウンサー志望者からは話題となった。

そして自分にはOB訪問の依頼が殺到した。

さすがに局アナとしての仕事も忙しかったので、本当にやる気のある学生に限り、
「才能があろうがなかろうが、アナウンサーに内定する方法」をこっそりと伝授していた。

すると、この方法を教えた学生は13人中12人がテレビ局(キー局)やアナウンサーに内定するという事態となった。

確率にすると、92%の高確率である。

だが、これは自分にとっては驚くことではなかった。
だってそうだろう。

人と話したことがなくてもアナウンサーに内定できるノウハウなのだから、
ごく普通の人だったら、アナウンサーに内定できて当然だ。

確かにウソのような話だろう。
信用できないというのも、仕方がない。

自分でも自分が内定できたのが信じられないくらいだから、君も信じられなくて当然だ。

だが、ウソだろうと思いつつも石井にコンタクトをとって方法を聞いた学生は、夢をかなえることができた。
どうせウソに違いないと思った学生は、ハナから電話さえかけてこなかった。

魔法のランプがあったとして、君はこするだろうか?

実際には、信用しないでこすらない人が大半だと思う。

全くリスクがないにもかかわらず、こすって夢がかなわなかったら恥ずかしいと感じる人が多いからだ。
だが、とにかく試しにこすってみる人もいる。可能性を信じてこする人がいる。
そういう人は、夢がかなう人だ。
自分ほど内定できた喜びと、できない学生の気持ちをわかる奴はいない。

きちんと正しい方向性で努力をすれば、どんな企業であれ内定できる。
だが、やっていない奴がほとんどだ。

内定はどうせコネで決まる。自分は美人ではないから内定できない。
できない理由を並べて、走り出すことに躊躇する学生が多いのはいかがなものだろう?
今はどんなにできなくても構わない。スタートラインが低いのは大いに結構。

だが、本気で努力をしなければ人生は変わらない。

ただ、努力には方向性というものがある。

東京から札幌に行きたいのに、博多行きの新幹線に乗ってしまったら、急スピードで目的地からは遠ざかる。
それはおわかりいただけるだろう。

だが、アナウンサー試験においてはそんな学生が後を絶たない。
例えば、一般教養試験の問題を解いている学生がそれだ。
筆記試験で内定は決まらない。

君が人生で実現したいことは何か?コミュニケーション能力があるかどうか?
そういったことを基準に、企業は学生に内定を出すのだ。
筆記試験対策をしている人に限って、模擬面接の訓練はまるでしないことが多い。
採用試験は、大学受験とは違う。
出題確率100%の科目、「面接」によってのみ内定は決まるのである。

本当に君に伝えたいこと。

それは、「努力すれば夢は叶う。」ということだ。

夢を叶える人生と、そうでない人生とでは、人生の素晴らしさが大きく変わってくる。
「夢を叶えるための努力の方向性を知らない。」
そんなことで、アナウンサーになれないのはバカらしい。

努力をするのは、もちろん君だ。

だが、そのための正しい方向性くらいは示すことができると思い、女子アナ内定予備校「ゴールドコース」としてビデオとテキストで君たちに努力の方向性を示している。

「正しい方向性+努力の総量」

これが夢をかなえる方程式だ。

■DVD:「人生は変えられる。」~人と話したことがなかった人間がアナウンサーに内定するには?(60分DVD/全2回)

第1回 「人生は変えられる。1」(60分DVD)

石井が人と話したことがなかったにもかかわらず、アナウンサーになれた理由とは?

第2回 「人生は変えられる。2」(60分DVD)

石井の自伝、局アナ時代編!

■DVD:上級コース(戦術編)第3回~第7回(60分DVD5巻)

(人生は変えられるの続きとして、第3回~となっています。)

第3回 内定技術、集中特訓講座「内定編」

難関試験でダントツに内定する方法とは?

第4回 内定技術、集中特訓講座「エントリーシート編」

これで書類で落ちなくなる!

第5回 内定技術、集中特訓講座「面接編」

集団面接を受けると、他の学生から嫌がられます。

第6回 内定技術、集中特訓講座「コミュニケーション心理編」

面接官との心理戦術に勝つには?

第7回 内定技術、集中特訓講座「難問・奇問・ディスカッション編」

アナウンサーのコミュニケーション技術を使えば、どんな質問にも答えられるようになる!

■DVD:「普通の人がアナウンサーに内定して、周囲をアッと言わせる方法」(60分DVD、全5回)

第1回 「アナウンサー試験とはなにか?」

女子アナに内定する人の常識は、内定しない人の非常識。

第2回 「アナウンサー試験の流れ」

キー局内定法、NHK内定法とは?

第3回 「アナウンサー試験の常識、7つのウソ」

知らずに内定できないことが、怖いです。

第4回 「失敗しないOB・OG訪問の方法」

あなたの先輩が協力してくれるためには?

第5回 「アナウンサーの面接・エントリーシート必勝法」

なんで落ちていたかがわかります。

■特別アナウンス技術DVD:「最短距離で夢をかなえるアナウンス教室」(60分)

試験に出るアナウンス技術はこれだけやっておけばOK!

■無料進呈!特別収録ビデオ「幸せになる自己分析」

オリジナル自己分析ワークシート付きです。

■内定テキスト:「女子アナに内定する人、しない人。生まれ変わって女子アナになるためのルール」

『あなただから、憧れの女子アナになれる』の幻の原版です。50%近くは同じ内容です。

■内定テキスト:「面接の策士」~内定に立ちはだかる9つの敵を倒せ!
A4バインダーファイル、119ページ+番外編62ページ

番外編「億万長者になるための就職活動」は必見!

■内定後も使えるテキスト「新人アナウンサーが知らなければならない35のこと
+ 内定から死ぬまで使えるアナウンス教室29」

「アナウンサーになる」とは、どういうことか、わかります。

気になる価格ですが、
特別パッケージ価格88,000(税込、送料無料)

で提供している。

なぜこれほど安い価格でご提供できるかというと、インターネットにより中間業者を一切省くことに成功し、事務所や社員の人件費もゼロになったからである。

(アナウンス学校では事務員や定年退職後のアナウンサーの給料、事務所家賃の分だけ高いのである。)

また、今お申し込みいただいた方には、下記の特典を特別にお付けしています。

特典 無料プレゼント!

願いが叶う!「マンダラ(曼荼羅)アート」
石井が世界一周旅行中に仕入れた、願いをかなえるための、鬼の願望達成ツールです。
曼荼羅に右回りに願いを書くだけで、あなたの願いがかなうと言われています。

確かに、このような目に見えない商品に対して、懐疑的に思う人もいるだろう。
頼ってしまいそうで怖いと躊躇してしまう人もいるだろう。

実際に自分も、「うまい話にはだまされるな!」と言われて育ってきた一人だからその気持ちはわかるし、決して安い金額でもない。

そこで以下の保証を付けることで、リスクが生じないよう最大限配慮し、素晴らしい人生のための第一歩を踏み出しやすいようにしている。

21日間満足保証

21日以内であれば、返金を100%保証いたします。最初の21日以内に内容にご満足いただけない旨をお知らせいただければ、代金は頂戴いたしません。どなたでも理由を問わず、全額返金いたします。返金を希望される際、理由の如何を問いません。ただし架空の申込みを防ぐため、返品の際の送料は負担していただきます。

DVDやテキストが到着後、じっくり見てから役に立つかどうか検討しても、決定は遅くはないと思う。

通常だとなるべく返品は防ごうとするのだが、君が素晴らしい人生を送ることが石井の喜びなので、納得しないにもかかわらず受講したら、お互いに不幸だと思う。

今までは自分が変わる機会がなかったかもしれない。 努力らしい努力をしたことは今までにないかもしれない。 だからこそ、就職活動は君が生まれ変わるチャンスだ。
就職試験は待ってくれない。 ならば、生まれ変わるための努力をするのに早いに越したことはない。 周りが遊んでいるこの夏休みは、自分が生まれ変わる最大のチャンスだと思う。

是非今すぐ下記をクリックして、一緒に成功への第一歩を歩んで行ければうれしく思う。

ゴールドコースのお申し込みはこちら

追伸:「金の卵を産むガチョウ」は、君自身だ。

「金の卵」と「金の卵を産むガチョウ」の話をご存知だろうか?
目の前に、「金の卵」と「金の卵を産むガチョウ」があったとして、どちらも100万円で売っている。

果たして、あなただったらどちらを買いますか?という話だ。
「何を言っているんだ。金の卵を産むガチョウに決まっているじゃないか!」
きっとあなたはそう言うだろう。
だが、実生活ではそういう行動をしていないことが多いのではないだろうか?

家賃、飲み代、ゲームソフト、ブランドバッグ、車・・・
こういうものは、「金の卵」に相当するのはおわかりだろう。
消費財と呼ばれ、自分の成長には役に立たないものだ。

それとは逆に、本・セミナー・学校・塾といった投資は「金の卵を産むガチョウ」を育てるための最高のエサになる。

「金の卵を産むガチョウ」は、誰かって?
それは、もちろん君のことだ。

もっとも賢明な投資は、安い値段でブランドバッグを買いあさることではない。
自分自身への投資なのだ。
それはもうおわかりだろう。

1年後、10年後にとてつもない違いを生むのが、自分に対して投資をしているかどうかなのだ。
このゴールドコースは、あなたという「金の卵を産むガチョウ」にとって、最高のエサとなることをお約束したい。

正直なところ、この価格設定は、受講生からは「安すぎる!」とのクレームがある。
なぜなら、このビデオやテキストを見れば、本当に誰でも夢をかなえられると思える内容になっているからだ。

アナウンサーになるためならば、金には糸目をつけないという方もいる。
そういった方のために、50万円、100万円という金額に設定することも可能だった。
事実、ゴールドコースの受講生からも、「この内容で、この金額は安すぎます。もっと金額をアップしてください。他の学生の手の届かないような金額にしてください。」とせがまれているところだ。

確かに、そのほうが儲かるのはわかっている。
しかし、私には「ターニングポイントを迎えている人に、人生を変える情報を提供する。」というミッションの元、この仕事をしている。

お金がなくてアナウンサーになれなかった、というのはもったいないと思って、この安いと思われる価格設定にしているのが現状である。

この金額が高いと思われる人は、おそらく他のアナウンス学校を当たったことが少ない人だと思う。
是非他のアナウンス学校を3件当ってから、こちらの受講を決定されて構わない。

この価格で提供する以上、やる気のない人には受講して欲しくない。
夢をかなえるために努力はいとわないという方と、一緒に夢をかなえられたらと思う。
今日という日が、あなたにとって「生まれ変わる記念日」となれば幸いである。


女子アナ内定学園 石井貴士

ゴールドコースのお申し込みはこちら

受講者の声

石井先生に出会って一ヵ月半で、
本当に女子アナに内定できました。
「石井先生は魔法使いだ」と思いました。(地方局内定)先日、ラジオ・テレビ兼営局に内定しました。
もちろん、アナウンス職です。
正直言って、驚いています。(ラ・テ局内定)キー局では残念ながら悔し涙を流しましたが、
系列局では、内定をいただくことができました(地方局内定)みんなが思っていることや、実際にやっていることは、
実は間違いなんだなあと思いました。(慶応大学)

自分の考え・方向性とは正反対の事が書いてあり、
まさに目からウロコでした。(早稲田大学)

「なんて役立つことを教えてもらったんだろう?」と、
感謝の気持ちでいっぱいです。(東京女子大学)

「落ちた後より、落ちる前に対策を」という
石井先生の言葉が胸に響きました。(立教大学)

「私にもアナウンサーになれる可能性がある!」と思えるようになりました。(法政大学)

既卒ですが、本当に役に立つ内容ばかりでした。
なぜ、学生のときに知らなかったんだろう・・・と後悔しています。(既卒)

アナウンス学校の先生は、年配の方ばかりが多いなか、
石井先生は、超格好いい、イケメン先生だと思いました。(日本女子大学)

「知識より行動力!」「王子様に会いに行かなければシンデレラになれない」
という言葉に大変心を動かされました。石井先生に会いに行ってよかったです。(同志社大学)

偶然立ち寄った本屋で、偶然手にした本が石井先生の本でした。
読み終わったとき、これは私の運命の本だ、と勝手に感じてしまいました。 (立命館大学)

ゴールドコースのお申し込みはこちら